NEW POLAWING -SPXを見ました!


昨日は福井県から
POLAWING-SPXのCOMBEXさんの営業さんがご来店。

3月13日から発売となる
NEW POLAWING-SPXの実物を見させて頂きました!





個人的に釣りで良さそうに感じたカラーはオレンジとサイトコパー。

他社でもオレンジ系は数種類ありますが
偏光率の高さに違いがあります。

POLAWINGの拘りである偏光率99%を確保してます!


自分でも使ってみないとわからないところもありますので
オレンジにブルーミラーで自分用を作ることにしました。

今年の春は新しい偏光カラーでビッグな魚を狙ってみます!





また今回は淡色とは真逆のかなり濃いカラーもあります。

レンズ濃度90%に迫る88%。

ミラーコートとの相性も良いですよ。


サンプルレンズは全カラー発注しました。

入荷次第お知らせ致します。





  • NEW POLAWING SPX


    偏光レンズのCOMBEX POLAWING SPX。

    NEW POLAWING SPXは
    3月13日(月)から発売となります。

    シーンや用途に合わせたカラーは全14色展開です。



















    POLAWING SPXの得意な淡色カラーは3色に絞られてます。
    今までより2~3%レンズ濃度が濃くなってますが
    カラー効果を高めたのだと思います。

    また今までになかったカラーで
    オレンジ系やブルー系のカラーが気になります。

    私の大好きなライトコパーが無くなっているのは残念ですが
    サイトに特化しているであろうサイトコパーも良さそうです。

    サンプルレンズは3月入荷予定です。

    明日、当店担当の営業さんが福井県からご来店予定ですので
    詳しいお話を聞けると思うので楽しみです!


    現行品の度付POLAWING SPX1.60は
    3月15日(水)まで現金価格で20%OFFとさせて頂きます。




  • モデルチェンジと特価





    偏光レンズの“POLAWING SPX”が
    来月中旬にフルモデルチェンジになります。

    カラーがすべて見直されます。

    詳しくは資料やサンプルレンズが届きましたら
    お伝えしようと思います。

    只今発売中の現行品に関しては
    新しいレンズに入れ替わると3ヶ月程で販売終了となります。


    本日から3月15日(水)まで、
    只今発売中の『度付のPOLAWING SPX160』に限り
    当店価格より現金価格で20%OFFとさせて頂きます。


    特にレンズカラーに拘りがないのなら
    高価な度付偏光レンズを価格を抑えてご購入出来るチャンスでもあります。

    是非ご来店下さい。





  • 初釣りと偏光サングラス


    先日の定休日(木)は
    恩方さんに初釣りへ行ってきました!

    真冬ですからハイシーズンに比べれば釣果は落ちますが
    飽きないくらいには釣れてくれます(^^)





    当店の貸し出し偏光サングラスを
    置いて頂いている恩方バスフィッシングポンド様。

    そしてスタッフのたくちゃんは
    当店でお作り頂いた偏光サングラス(POLAWING SPX)を
    普段掛けて頂いております。





    その日のフィールドコンディションだけでなく
    偏光サングラスの事もアドバイスしてくれますよ!





  • GMSのラウンドで偏光サングラス


    フライフィッシング好きのお客様に
    GMS-103のラウンドメガネで偏光サングラスを
    お作り頂きました!



    ●GMS-103 × POLAWING SPX160・パールグレイ(度付)


    高貴なイメージのあるフライフィッシング。

    雰囲気ある紳士のフライフィッシャーマンには
    ラウンドサングラスがお似合いになると思います。

    フィッシングベストにラウンドの偏光サングラスで
    綺麗な清流に立つ。

    より一層楽しい時間と贅沢な時間を過ごせそうですね。








  • 偏光レンズ用のKOKI・スポーツフレックス


    MASUNAGAの作る
    形状記憶合金フレームの“KOKI・スポーツフレックス”。

    “KOKI・スポーツフレックス偏光サングラス”
    と言うのも昔に存在しました。

    当店では今はフレームのみで在庫、展示してます。








    元々サングラス用に作られているため、
    ハイカーブ仕様となっております。





    大きめのレンズシェイプで広い視界を確保出来ます。

    偏光レンズはもちろん、
    通常のサングラスレンズ(度付も可)をお入れするにもおすすめです。

    老舗フレームメーカーの作るサングラス用フレームですから
    フレームカーブの精度も高く偏光レンズが歪みにくいのも特徴のひとつ。

    掛け心地も良く丈夫なフレームです。

    長くご愛用頂けますよ。






  • サイトマスター×コーティング偏光度付ハイカーブ


    先日ご紹介した鼻パット付きにカスタムした
    サイトマスター
    にコーティング偏光ポラテック度付ハイカーブを
    セッティングしました!








    レンズカラーはフォレスト。

    フレームカラーとの相性も抜群で格好良く仕上がりました。

    ハイカーブですし、
    フレームのそり角20度ほどありますので度数補正もしてあります。

    違和感なく見やすいようにさせて頂いてあります。


    さて、
    コーティング偏光ポラテックのフェアも
    あと半月です。→コチラ

    この機会に是非ご来店下さい。





  • スポーツフレックス偏光サングラス


    10年ほどお客様にお使い頂いている
    KOKIのスポーツフレックス偏光サングラス。

    レンズがかなり劣化してしまったので交換のご注文を頂きました。

    今回で2回目のレンズ交換になります。



    ●KOKI スポーツフレックス偏光サングラス 6カーブモデル × POLAWING SPXライトブラウン6カーブ





    釣りだけのご使用になりますが
    フレームは10年ほどお使い頂いていても傷みが少なく
    まだまだお使い頂ける状態でしたのでレンズ交換が可能でした。

    さすがはMASUNAGA製です。

    お客様はこちらの偏光サングラスの
    掛け心地と見え方にとても満足頂けているご様子で
    手放せないとおっしゃって頂けました(^^)

    MASUNAGAの作る偏光レンズ専用に作られたフレームだけに
    フレームカーブの精度が高く、レンズに負荷が掛りにくい設計のため
    歪みも抑えられているのです。

    そして弾力のある丈夫な形状記憶合金。

    過去モデルですが、
    隠れた名作だったと思ってます。

    当店在庫、わずかながらまだございます。





  • サイトマスター・アセテートフレームのカスタム


    お客様お持込のサイトマスター。

    ハイカーブモデルで
    フレーム素材はアセテートです。







    こちらに度付ハイカーブ偏光レンズをお入れする
    ご注文を頂きました。

    レンズをお入れするその前に
    掛け心地があまり良くなさそうなのと睫毛がレンズに当たってしまっている状態なので
    鼻パット付きにカスタムさせて頂きました。





    アセテートフレームなのでカスタムが可能でした。

    他にも少々工夫の必要性があるので
    外観を損なわないように当店流のアレンジをする予定です。

    練習用レンズで予め試してあるので綺麗に仕上がるのも確認済みなのです!






  • エリアトラウトシーズン直前!


    本格的なエリアトラウトシーズン直前ですね!

    偏光サングラスの準備は出来ておりますか?





    高性能な偏光サングラスは
    釣果に影響すると言っても過言ではないと思います。

    レンズだけでなく
    ストレスなく掛け続けられるフレームと
    掛け具合の調整も大事です。

    そして今なら!

    次世代コーティング偏光レンズが
    フェア価格でいつもよりお買得となっております。→コチラ

    特に強度近視や強度乱視、
    あと遠近両用の方におすすめです。

    是非この機会にご来店下さい。



    当店から車で15分ほどのところに
    新しいエリアトラウトのフィールド『FISH UP 秋川湖』と
    言うのがオープンするようですね!

    サマーランドの近くのようです。→コチラ

    どんな釣り場になるのか楽しみですね(^^)





  • コーティング偏光レンズのフレームは!?


    次世代偏光レンズの
    コーティング偏光“ポラテック”。

    それ用のフレームは!?

    フレームの制限は特にありません。

    穴あけや溝掘りも可能ですし
    スポーツグラスにある段落ち加工も可能です。

    レンズが入れ替えられるフレームであれば
    ほとんど可能です。


    またセルフレームの中で締め付けの強めのフレームや
    シャープでリムの角が鋭角なフレームでも
    コーティング偏光なら偏光機能が損なわれるような
    歪みが出ません!








    フィルターによる偏光機能ではなく
    コーティングでの偏光機能ならではのメリットです。

    もちろんフィルター偏光の良いところもあります。

    フィルター偏光が出た事によって
    偏光サングラスの選択肢は確実に広がったと思います。

    度数やフレームに対するレンズ選択によって
    偏光の性能を最大限に引き出せる時代になったのではないかと思ってます。


    只今、『フィルター偏光レンズフェア開催中』→コチラ

    是非ご来店下さい。





  • コーティング偏光レンズのメリットは!?





    コーティング偏光レンズ“ポラテック”の
    最大の特徴はフィルターではなくコーティングでの
    偏光機能が出来ると言うこと。

    強度の度数で薄型レンズが選択出来たり
    大手メーカーの作る高性能な遠近両用レンズで
    偏光サングラスが作れると言うのが魅力です。

    あと私が実際に使用してみて感じたことは
    視界のスッキリ感にあります。

    これは強度近視である方の方が実感されるのではないかと思います。

    その辺りの詳しくは長くなるので店頭にて
    ご説明させて頂いております。


    デメリットは価格が高いと言うこと。

    ですが10月末までフェア価格にて販売しておりますので
    フィルター偏光との価格差はほとんどありません。

    この機会に是非ご来店下さい。


    コーティング偏光レンズフェアについて→コチラ





  • SWANSで度付偏光サングラス


    SWANS・FCOP-0000に
    POLAWING SPX160(度付・ライトコパー)で
    ご注文頂きました偏光サングラスです。









    SWANSにPOLAWING SPX(度付)の
    組み合わせでのご注文は特に多いです。

    スポーツグラスで度付偏光サングラス、度付サングラスと
    言った場合にピッタリなフレーム、SWANS・FCOP-0000。

    度付ハイカーブの見え方に慣れそうにない場合におすすめです。

    日本人の骨格に合わせて作ってあるSWANSのサングラスは
    掛け心地も良いですよ!






  • Darwin × ピュアグレー


    Darwin・D-0021のシルバーに
    Kodak PolarMax6160ピュアグレーをセッティング。







    シルバーフレームに
    グレーレンズの組み合わせで目元がクールに!!

    夜間運転も可能な
    ライトなカラーの低偏光レンズは
    活躍の場面がかなり多いと思います。


    そしてDarwinの板バネの掛け心地は、とても評判が良いです!







  • 次世代偏光レンズ“コーティング偏光”の見え方・2


    次世代偏光レンズ、
    コーティング偏光“ポラテック”の見え方。

    今回のカラーは『フォレスト』です。

    偏光率98%。
    レンズ濃度は約70%。


    ■裸眼



    ■偏光レンズあり



    ■比較




    前回の“ナチュラルグレー”と比べた場合、
    『フォレスト』の方が短波長をカットするので
    コントラストは『フォレスト』の方が上がります。

    自然な視界は『ナチュラルグレー』と言った感じになります。

    店頭にサンプルがございますので
    実際に見てご確認下さい。






  • 次世代偏光レンズ“コーティング偏光”の見え方


    次世代偏光レンズ、
    コーティング偏光“ポラテック”の見え方を
    近所の川で確認してきました!

    レンズカラーは『ナチュラルグレー』。


    まずは偏光レンズなしの見え方。



    偏光レンズありの見え方。



    岩の大きさや高さ、
    そしてエグレなど容易に見ることが可能です。





    ナチュラルグレーの特徴は
    色調が変わらず自然な見え方になります。

    オールラウンドにお使い頂けるカラーです。





  • コーティング偏光レンズのサンプル


    コーティング偏光レンズ、
    HOYA社のポラテック。

    釣りで良さそうなカラーで
    オールラウンドに使えそうな
    2色ご用意しました。





    左が『ナチュラルグレー』で右が『フォレスト』と言うカラーになります。

    ナチュラルグレーはレンズ濃度約65%で
    色調が変わりにくいと感じると思います。

    フォレストはレンズ濃度約70%で
    グレーとグリーンの中間のモスグリーンのような色合い。
    ナチュラルグレーと比べると短波長のカット率が少々高いです。

    偏光率は両方とも98%です。


    近日中に実際の水面での見え方も確認してきます!





  • コーティング偏光レンズについて その3


    昨夜の『行列のできる法律相談所』はご覧になりましたか?

    増永眼鏡が取り上げられておりましたね!

    当店は増永パートナー店で
    展示フレームの1/3近くが増永製品なのです!
    是非ご来店下さい!





    コーティング偏光レンズについて。

    私が実際に使用してみての感想です。

    コーティングによる偏光のため
    歪みが出にくいので視界がよりクリアに感じました。
    掛けた瞬間に違いを感じましたよ!

    そして、やはり気になる釣りでのご使用について。

    偏光率98%、青抜け等も感じられず
    釣りでのご使用にも自信を持っておすすめ出来ます!

    ※釣りで必要な偏光率は95%以上が適していると言われております。

    特に中度近視や強度近視、乱視の強い方、
    あとは遠近両用やプリズム有と言った普段からメガネを
    掛けている方にはおすすめです。

    なぜならレンズ設計が普段と変わらない、あるいは同じような設計が選択可能なため
    掛け替えた時に見え方が変わらず違和感を感じにくいからです。

    一番条件の良くない釣り(水面)でも、
    しっかりパフォーマンスを発揮するので
    ドライブやゴルフにも問題なくご使用頂けます!


    ただ先日もお伝えしましたが→コチラ
    メリット、デメリットがありますので
    どちらの偏光レンズが良いかは店頭にてご相談下さい。





  • コーティング偏光レンズについて その2





    コーティング偏光レンズについて。

    レンズはHOYAのポラテック。

    偏光率は98%。


    コーティング偏光レンズのメリット。

    ①コーティングでの偏光なので歪みがかなり出にくい。
     視界のスッキリさに驚きました!

    ②コーティングによる偏光のためレンズの選択肢が幅広い。
     薄型非球面レンズや大手メーカーならではの高性能遠近両用にも対応が可能。

    ③度付の場合は特にフィルター偏光と比べるとレンズが薄く仕上がる。

    ④ほとんどのフレームに対応可能。
     穴あけ・溝掘り加工が可能です。


    コーティング偏光レンズのデメリット

    ①フィルター偏光に比べると高価である。

    ②コーティングですので表面の傷やコートハガレにより偏光機能が失われる。

    ③特に釣りの場合の話になりますがPOLAWINGやPolarMaxのようにローライトに
     特化したカラーがない。



    以上が私の感じたメリット、デメリットです。

    次回は実際の使用感についてお伝えしたいと思います。






  • コーティング偏光レンズについて


    眼鏡店で偏光レンズと言えば一般的には
    偏光フィルターを光学レンズで挟んだモノ。

    当店で取り扱っている“POLAWING SPX”と
    “PolarMax”もフィルター偏光です。

    また偏光レンズで知名度の高い“TALEX”もフィルター偏光ですね。

    そして最新の技術で作られたのが
    レンズ表面にコーティングによる偏光レンズが
    数年前から発売になってます。

    Kodak PolarMax取扱の“SAビジョン”と
    国内レンズメーカー大手のひとつ“HOYA”、
    私の知る限りではこの2社から発売になっております。





    釣り好きな私としても以前から気になっておりましたし
    お客様からお問い合わせを頂く事も出てきましたので
    実際に使ってみる事にしました!





    今回はHOYAのポラテックで自分用を作ってみました。

    そして実際に釣り場ので見え方も確認してきました。

    自分なりに感じたコーティング偏光レンズの
    メリット、デメリットをお知らせしたいと思います。

    長くなってしまったのでまた次回に!





  • 店舗・企業情報

    店名

    メガネの宮川

    住所

    〒196-0003
    東京都昭島市松原町4-10-1

    TEL

    042-546-3811

    営業時間

    9:00~19:30(日・祭日19:00)

    定休日

    木曜日

    URL

    http://www11.plala.or.jp/miyagawa-megane/

    コメント

    1974年創業の眼鏡専門店の2代目“TOMO”です。 認定眼鏡士SS級。 メガネ業界歴20年以上。 自分自身も強度近視+プリズムあり。 釣りが趣味ですので偏光サングラスにも詳しいです。