ブルーライトのカット率

レンズメーカーなど各社、
ブルーライトに関しての商品がとても増えました。

ここで注意点!

カット率だけで見ると数値が高い方が
単純に良いのでは?となるかと思います。

しかし表記に関して統一されたものではありません。


例えば・・・


385nm~485nmの範囲でカット率を表記しているメーカーと
ピンポイントの450nmでカット率を表記しているメーカーがあります。



●資料はニコン・シークリアブルーのパネルより。(訂正、誤・450mm→正・450nm)


ちなみに当店取扱のニコンの『シークリア・ブルー』は
ピーク波長でのカット率を謳ってます。

わかりやすく、この表記が統一されてくれると良いと思う今日この頃です。


あとは用途に合わせた度数、とても重要です。

  • 同じカテゴリー(レンズ)の記事画像
    単焦点レンズの性能と価格の差
    ニコン・センチュリーAI
    ニコン遠近両用レンズの新製品『センチュリーAI』
    新しい調光レンズ、本日から販売開始!
    新しい調光レンズが登場!
    ニコンプレミアムレンズ・サマーキャンペーン
    同じカテゴリー(レンズ)の記事
     単焦点レンズの性能と価格の差 (2017-12-09 11:14)
     ニコン・センチュリーAI (2017-11-28 18:12)
     ニコン遠近両用レンズの新製品『センチュリーAI』 (2017-10-31 14:28)
     新しい調光レンズ、本日から販売開始! (2017-07-11 10:18)
     新しい調光レンズが登場! (2017-07-09 11:01)
     ニコンプレミアムレンズ・サマーキャンペーン (2017-06-18 10:34)

     
    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    店舗・企業情報

    店名

    メガネの宮川

    住所

    〒196-0003
    東京都昭島市松原町4-10-1

    TEL

    042-546-3811

    営業時間

    9:00~19:30(日・祭日19:00)

    定休日

    木曜日

    URL

    http://www11.plala.or.jp/miyagawa-megane/

    コメント

    1974年創業の眼鏡専門店の2代目“TOMO”です。 認定眼鏡士SS級。 メガネ業界歴20年以上。 自分自身も強度近視+プリズムあり。 釣りが趣味ですので偏光サングラスにも詳しいです。