偏光レンズの比較

光学メーカーの作る偏光レンズと
安価な偏光レンズの比較です。

下の写真は同じ平面レンズ(度なし)です。

右のレンズが光学メーカーの作る偏光レンズで
左が安価な偏光レンズです。


偏光レンズの比較


光学レンズメーカーの作る高性能な偏光レンズの方が
少しレンズが厚いのがお分かり頂けるかと思います。

※厚いと言っても約2mm。メタルフレームのリムの厚みとほぼいっしょの厚みになります。

偏光レンズは光学レンズで偏光フィルターを挟んでいるのが
一般的です(最近ではコーティングでの偏光レンズも出ております)。

光学レンズで挟んでいるからこそ
偏光フィルターが歪みにくいのです。

安価なものですと偏光フィルターのみと言うのもあります。

それですとフレームに入れた時にかなり歪んで
偏光の能力が十分に発揮されないですし
視界的にもあまり良くありません。

光学レンズで偏光フィルターを挟むと言うのは、
それだけ製作するのに技術と手間がかかります。

またメーカーによって製法が違ったりもします。

  • 同じカテゴリー(偏光サングラス)の記事画像
    偏光レンズ『PolarMax Pro』の釣り場での見え方・Neo Bright Yellow編
    偏光レンズ『PolarMax Pro』の釣り場での見え方・Neo Mocha Brown編
    偏光レンズ『PolarMax Pro』の釣り場での見え方・Neo Amber編
    偏光レンズ『PolarMax Pro』の釣り場での見え方・Neo Green編
    偏光レンズ『PolarMax Pro』の釣り場での見え方・Neo Black編
    偏光レンズ『PolarMax Pro』の釣り場での見え方・Neo Light Gray編。
    同じカテゴリー(偏光サングラス)の記事
     偏光レンズ『PolarMax Pro』の釣り場での見え方・Neo Bright Yellow編 (2020-03-25 09:47)
     偏光レンズ『PolarMax Pro』の釣り場での見え方・Neo Mocha Brown編 (2020-03-24 09:54)
     偏光レンズ『PolarMax Pro』の釣り場での見え方・Neo Amber編 (2020-03-23 10:46)
     偏光レンズ『PolarMax Pro』の釣り場での見え方・Neo Green編 (2020-03-22 09:53)
     偏光レンズ『PolarMax Pro』の釣り場での見え方・Neo Black編 (2020-03-21 10:44)
     偏光レンズ『PolarMax Pro』の釣り場での見え方・Neo Light Gray編。 (2020-03-20 09:58)

     
    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    店舗・企業情報

    店名

    メガネの宮川

    住所

    〒196-0003
    東京都昭島市松原町4-10-1

    TEL

    042-546-3811

    営業時間

    9:00~19:30(日・祭日19:00)

    定休日

    木曜日

    URL

    http://www11.plala.or.jp/miyagawa-megane/

    コメント

    1974年創業の眼鏡専門店の2代目“TOMO”です。 認定眼鏡士SS級。 メガネ業界歴20年以上。 自分自身も強度近視+プリズムあり。 釣りが趣味ですので偏光サングラスにも詳しいです。