偏光レンズの進化“Kodak PolarMax Pro”

私が眼鏡業界に入って20年以上経過してます。

修行時代を含め、釣りが趣味の私なので
様々な偏光レンズを触れてきましたし
色々なメーカーを実際に使いました。

この20年の偏光レンズの進化のお話です。

今日は当店取扱レンズの“Kodak”の偏光レンズ、
『Kodak PolarMax』編です。


偏光レンズの進化“Kodak PolarMax Pro”


私が実際に販売してきた偏光レンズの中で
一番最初に高屈折1.60素材で出てきたのがPolarMax6160でした。

私の中で偏光率99%で見やすいと言うのは絶対条件。

それはクリアしてます。

そのような中で私が気に入った一番の理由は
『偏光フィルターとの相性が良い』と言うこと。

1.60素材は元々偏光フィルターとの接着が良いので剥離しにくいのです。

それまでの1.50素材よりも耐久性がかなりアップしました。


そして昨年末に加わった『PolarMax Pro』は
“PolarMax6160”と“ネオコントラスト”を組み合わせコントラストを向上させ
偏光レンズの見え方をさらにスッキリとさせました。

偏光レンズは全体的には需要が少ないレンズと言えますが
釣りやゴルフ、ドライブが趣味の方には欠かすことのできないレンズです。

進化している新しい偏光レンズを是非お試しになってみて下さい。

テストレンズで見え方を確認するだけで違いがお分かり頂けると思います。


Kodak PolarMax Proの詳しくは→コチラ


友だち追加

  • 同じカテゴリー(偏光サングラス)の記事画像
    偏光レンズ『PolarMax Pro』の釣り場での見え方・Neo Bright Yellow編
    偏光レンズ『PolarMax Pro』の釣り場での見え方・Neo Mocha Brown編
    偏光レンズ『PolarMax Pro』の釣り場での見え方・Neo Amber編
    偏光レンズ『PolarMax Pro』の釣り場での見え方・Neo Green編
    偏光レンズ『PolarMax Pro』の釣り場での見え方・Neo Black編
    偏光レンズ『PolarMax Pro』の釣り場での見え方・Neo Light Gray編。
    同じカテゴリー(偏光サングラス)の記事
     偏光レンズ『PolarMax Pro』の釣り場での見え方・Neo Bright Yellow編 (2020-03-25 09:47)
     偏光レンズ『PolarMax Pro』の釣り場での見え方・Neo Mocha Brown編 (2020-03-24 09:54)
     偏光レンズ『PolarMax Pro』の釣り場での見え方・Neo Amber編 (2020-03-23 10:46)
     偏光レンズ『PolarMax Pro』の釣り場での見え方・Neo Green編 (2020-03-22 09:53)
     偏光レンズ『PolarMax Pro』の釣り場での見え方・Neo Black編 (2020-03-21 10:44)
     偏光レンズ『PolarMax Pro』の釣り場での見え方・Neo Light Gray編。 (2020-03-20 09:58)

     
    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    店舗・企業情報

    店名

    メガネの宮川

    住所

    〒196-0003
    東京都昭島市松原町4-10-1

    TEL

    042-546-3811

    営業時間

    9:00~19:30(日・祭日19:00)

    定休日

    木曜日

    URL

    http://www11.plala.or.jp/miyagawa-megane/

    コメント

    1974年創業の眼鏡専門店の2代目“TOMO”です。 認定眼鏡士SS級。 メガネ業界歴20年以上。 自分自身も強度近視+プリズムあり。 釣りが趣味ですので偏光サングラスにも詳しいです。